新品絵本が安く手に入ってコスパ良すぎ!ワールドライブラリーパーソナルで届く本のご紹介

こんにちは!日々の暮らしにゆるっと知育を取り入れていきたい、新米ママのらくだと申します。

以前、こちらの記事でご紹介した「ワールドライブラリーパーソナル」の絵本の定期配送サービス。

この記事では、実際に届いた絵本を写真付きでご紹介します♪

どの絵本もハードカバーでしっかりとした作りで、内容も毎月娘はドンピシャで大ハマり。

わざわざ本屋まで行かなくても、家のポストに毎月海外の上質な絵本が届くお手軽さが最高!

外出自粛と自宅保育が続く毎日…。月に一度ですが、ポストに絵本が届くとホッとします。

それでは早速、具体的な本の感想をご覧ください。

ワールドライブラリーパーソナルの絵本はどんな風に届くの?

毎月ポストに入っています。

しっかりと水色のビニールカバーがかかっているので水濡れも安心。

(ウサギのスタンプで隠れているのは宛名です)

さらに、中身はこんな感じでしっかり包んでありますよ。

ワールドライブラリーパーソナルで実際に届いた本の感想

1歳10ヶ月「ようせいたちのもり」(イタリア)

イタリアのしかけ絵本「ようせいたちのもり」です。

こどもの小さな指にぴったりなサイズのしかけを動かして、絵が変わるのを楽しめます。

(もちろん大人の指でも動かせますよ)

絵本ようせいたちのもり

例えば、こんな風にフクロウの目が開いたり。

めくるタイプのしかけ絵本ではないので、子どもに破かれる心配がありません

本自体の作りもかなりしっかりしていて、厚みがあります。

途中でりんごが出てきたり猫が出てきたりするので、

「りんご!」「にゃー!」など、覚えたばかりの単語を言いながら楽しそうに読んでいます。

1歳11ヶ月「たね」(イタリア)

スウェーデンの絵本「たね」です。

ぽとん、と落ちてきた種と、ミミズのお話。

北欧スウェーデンの絵本ということもあり、種が雪の下で春を待つ描写もあります。

全体的に優しいテンポのお話。

無理することないよ、ただ生きてるだけで君は素晴らしい存在なんだよ。

そんなメッセージを感じました。

ビビッドな色使いではなく、柔らかい印象です。

2歳0ヶ月「ほっきょくのいきもの」(イギリス)

イギリスの絵本「ほっきょくのいきもの」です。

指で引き抜くタイプのしかけ絵本。

ところどころに散りばめられた箔押しが、キラキラとても綺麗です。

こんな感じで、絵を引き出して遊びます。

「誰の背中かな?」「くまさん!」のように声かけしながら読んであげると喜びます。

かなりしっかりした作りで、厚みもあります。

これも破かれる心配はほぼ無さそう。

2歳1ヶ月「それいけ、スーパーてんとうむし!」(ベルギー)

ベルギーの絵本「それいけ、スーパーてんとうむし!」です。

大きめサイズでしっかりとした作り。

てんとうむしがスーパーマンのように、困っている世界中の動物たちを助けに行くというストーリーです。

世界各地の色々な動物が出てきます。

娘はこの絵本が特に気に入っていて、外でてんとうむしを見かけると「スーパーてんとうむし!」と大喜びするほど。

物語の本筋とは関係ないのですが、最初に10〜1までの数字が書いてあります。(カウントダウンしていく)

最近数字に興味を持ち始めた娘は、指をさして「いち、に、さん…」と毎回数えています。

これは嬉しい副産物でした。

これ以降も、新しい絵本が届き次第追記していきます♪

月額1,300円(税・送料込)で、毎月世界の絵本をご家庭にお届けします。

毎月ポストに世界の絵本が送られてくる、絵本の定期配送サービス。

新品なのに割安で手に入るし、お子さんを絵本好きにしたい方に心からおすすめします!

サービスの詳しい内容はこちらの記事もご覧ください♪

タイトルとURLをコピーしました