離乳食ピーナツバターはいつから?アレルギー予防のため1歳前に与えるのがおすすめ!おすすめ商品と与える際の注意点をご紹介します

こんにちは!家事育児の時短方法を日々探求中、新米ママのらくだと申します。

離乳食でのピーナッツ。アレルギーが怖いからと先延ばしにしている方も多いですよね。実際、1歳を過ぎてからと指導される機会もあると思います。

ですが米国の最新のガイドラインでは、むしろ早期に摂取させた方がアレルギーの発症リスクを抑えることができると発表されているんです。

この記事では、離乳食でのピーナッツはいつから?何を?どのように?与えればいいかご紹介しています。

赤ちゃんはピーナッツをいつから摂取できる?

ピーナッツは、いわゆる特定原材料(7大アレルゲン)に含まれるため、今まで日本では離乳食期に与えることはNGとされてきました。

ですが2015年に米国で「ピーナッツは早期(1歳未満)に与えた方がアレルギー予防になる」とのガイドラインが発表されました。

こちらのブログで小児科医の先生が解説してくれています。

ピーナッツを早期に摂取開始したほうがピーナッツアレルギーが減少する(LEAPスタディ)
 食物アレルギーの予防研究の金字塔。 ■ 順番が逆になりましたが、先日のLEAP-on研究の前にpublishされたLEAP研究です。 乳児期に早期導入して予防した食物耐性は、中断しても維持される(L

生後6ヶ月以上でアレルギーのリスクが低い赤ちゃんには、むしろ積極的に与えた方が良さそうです。

(※重度のアトピー、あるいはすでに卵なと他の食材でアレルギー反応を起こしているハイリスク児の場合は、医師に相談の上慎重に進めてください)

また、乳幼児にピーナツ丸ごと、もしくは砕いた形状のものを与えるのは絶対にNG!

誤飲の可能性があります。

離乳食でピーナッツを与える場合は、ピーナツバター(食塩や砂糖が無添加のもの)がおすすめです。

離乳食におすすめなのは三育フーズのピーナッツバター

三育フーズのピーナッツバターとは

塩、砂糖無添加で100%ピーナツのみで作られたピーナツバターです。添加物が入っていないので、赤ちゃんに与えるにはとてもおすすめです。

三育フーズのピーナッツバターを使ってみました

最初は油分が上の方に溜まっているので、清潔なスプーンでかき混ぜて使用します。

冷蔵庫で保存しても柔らかいままです。こんな感じです。

とっても滑らかです!

離乳食でのピーナッツバターの与えかた

赤ちゃんにそのまま与えると飲み込みにくく危険なので、少量のお湯で溶かしてあげてくださいね。

我が家では、それをヨーグルトに混ぜて与えています。

他にもバナナに混ぜたり、胡麻和えのような感覚でお料理に使っても良いです。

離乳食でのピーナッツバターの進め方

それではどのようにピーナッツバターを進めて行けば良いでしょうか。twitterで小児科医のゴクウ先生が解説していた内容を要約します。

ピーナッツに限らず、初めての食材を与えるときは少しづつ!病院の開いている時間に!が原則です。

・耳かき一杯程度の少量からスタート

大人用スプーン0.1〜0.3杯/一日程度の量を目標とする

1週間程度連続で食べられたらクリア

まとめ

「アレルギーが怖いからピーナッツを与えるのは先延ばしにする」のは、かえってリスクを高めます。

健康状態に心配がない赤ちゃんの場合は、ぜひ1歳前(生後6ヶ月ごろ〜)から少しづつスタートしてみてくださいね。

その際は必ず、ピーナッツバターのようにペーストになっているものを選んでください!

ピーナツ丸ごと、粒状(クランチ)、はちみつ入りは絶対にNGです!!!

離乳食用には、無添加かつピーナツ100%のピーナツバターがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました